スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Black Gene For the Next SceneのDance to Rave-脳内シェイクなSong達-はグロピコ。

2014.02.17.00:10

Dance to Rave-脳内シェイクなSong達- 通常盤Dance to Rave-脳内シェイクなSong達- 通常盤
(2013/08/28)
Black Gene For the Next Scene

商品詳細を見る

ヌメヌメ低音ボーカルで歌い上げるヘビーロックV系バンドBlack Gene for the Next Sceneの一枚目のアルバムです。

散々買うのか迷ってしまうぐらい、いかにもなヴィジュオワール歌唱と声質。
逆に言うと、そのぐらい丁寧に歌い上げてて、安定した上手さのボーカルやと思います。

楽曲も起承転結がハッキリしてると思うし、デスボイスも適確に使われており、一枚目のアルバムでも完成度が高いというか、バンド名や曲名から感じられるフワフワさはなく、じっくり聴けるアルバムですね。

あとこのバンドもデジタル音をふんだんに使っており、ピコピコさが半端なくV系以外のピコリーモバンド、THREE LIGHTS DOWN KINGSやARTEMAに近い雰囲気を持っており、V系らしい奇天烈さや毒々しさを楽しいと思えるのであれば、上記のバンドが好きな人にも胸を張っておススメ出来る上質ピコピコメタルバンドどうぇっす!
スポンサーサイト

EmmureのSlave to the Gameはワンコインでお腹いっぱい。

2014.01.15.17:47

Slave to the GameSlave to the Game
(2012/04/10)
Emmure

商品詳細を見る

スポーティデスコアバンドEmmureの最新アルバムです。

Emmureはもう何枚もアルバムを出してる中堅どころと言えそうなデスコアバンドなんですけども、僕はこのSlave to the Gameで初めて存在を知り、そのパワフルな音楽を初体験しました!

終始、重低音を響かせ、ズンズンと迫ってくるような息つく暇も与えない、本気のメタルサウンドです。

極悪なメタルが苦手な人は辛いかもしれませんが、逆に生粋のメタラーにはこういうの聴きたかったんだよとガッツポーズを出してしまいそうな、マッチョぶりやと思います。

でもですね、メンバーのフャッションにも見て取れるように、ストリート感覚というか洗練された要素も感じられます。

キチガイシャウト、デスボイスの中にも、ラップ的な変態ボーカルも入ってるんですよ。

ちょうどKornやDeftonesみたいな。

この辺がニューメタル出身の僕でも楽しめる要因かも。

ギターソロも入っておりません。

アルバムの内容もゲーセンがネタになってるぽいし、何かこのバンドのセンスに感じるモノがあれば買っても損はしないと思いますぜ、ニューメタラーのお兄さん!

Road to MilestoneのLights On The Surfaceの心地良い寒波サウンドに巻き込まれた。

2014.01.11.23:06

Lights On The SurfaceLights On The Surface
(2013/07/10)
ザ・ロード・トゥ・マイルストーン

商品詳細を見る

地味地味なピコリーモバンドRoad to Milestoneのファーストアルバムです。

本当Road to Milestoneには悪いんですが、いつAmazonで注文してたっけな印象のバンドなんですよ。

ジャケットの冷たい海と、完全に寒波来てますよ的なブルーブルースカイのイメージそのまんまの音楽やと思います。

もちろんスクリーム満載なんやけど、メロディーを歌い上げる部分が強引じゃなく、めっちゃ優しくて非常に心地良い側面もあり、地味ながらも包容力を感じさせます。

歌とピコピコのみの曲でじっくり聴かせる部分や、先の見えない延々と続くギターのメタルサウンドあり、地味ながらも自分達の寒波サウンドに引き込んでいきますね。

派手さやパーティー感覚とは程遠いところで鳴らしてるカンパリーモRoad to Milestoneにこれからも地味に期待しています!

NOCTURNAL BLOODLUSTのGRIMOIREで夢がMORIMORI。

2013.07.01.17:12

GRIMOIREGRIMOIRE
(2013/05/29)
NOCTURNAL BLOODLUST

商品詳細を見る

行ってきましたよー。ノクブラ主催のイベント。いやー、ノクブラはエグかったですね。

デスボイスを八種類使い分けるという技は、だてじゃなくて、どこから声出してんじゃいというような、本格的なゲロゲロボイスでしたね。

他のバンドもかなり良いデスぷりやったんやけど、ノクブラ聴いちゃうと、偽物ぽく感じるぐらいでした。

あら、言い過ぎかなー。

でもね、このアルバムGRIMOIREにも、そんなノクブラ流の玄人向けのメタル感、真面目過ぎるメロディーが、目いっぱい詰まってます。

あと、トーマスに出会えたことも良かった。

ヒネクレ具合と、ギターの音のセンスやピコピコ感がナイスでした。

トーマスのメンバーや可愛らしいバンギャさんと、たくさんお喋り出来たし、音楽とともにブルータルな一日でした。

Bring Me the HorizonのSempiternalは雨の日に窓から外をしんみり眺めてますアートメタル。

2013.06.03.17:45

SempiternalSempiternal
(2013/04/02)
Bring Me the Horizon

商品詳細を見る

Bring Me the Horizonのニューアルバムですよー。

メタルコア、デスコアというジャンルで、新しい感性をぶっ放してるバンドやなーとずっと思ってて、案の定調べたら、アメリカではなく、イギリスのバンドやったので、納得出来ました。

今作のビデオでも割と静か目の曲をやっており、イギリス出身らしく、繊細な音色をいっぱい聴くことが出来るメタルコアアルバムになっています。

デスコアと言えるぐらいの激しさは無いものの、メタルコアらしい、鋼鉄なギターサウンドに、繊細ながらもパワフルな歌声と、楽曲を盛り上げるキーボード、あとこのアルバムはドラムの音がめちゃデカくて、一音一音が重たいです。

バンドはドラムで支えられてると思うけど、やりすぎですね。

イギリス人が生み出したヘビーミュージックらしく、メタルを聴いて感動したいな、何か芸術的な音楽を聴きたい人には、ぶりんぐみーざほらいぞんがおすすめだぞーん。
最近出たアルバム
炎のプロフィール

蒼伊獅子

Author:蒼伊獅子
LUNA SEAが日本中、いや世界を席巻することを夢見てます。

そのためには、世界中にいるバンド達、ライバルとなる存在の弱点や、学べる部分を知らないといけません。

だから、僕はこのサイトで、自分なりに探してきた、世界中の猛者を紹介し、LUNA SEAが活動しやすいように、世界に散らばる隠れSLAVEに情報を発信しているのです。

趣味は教えて!gooを見ることと、ぬいぐるみの犬BOOと戯れることです。

よろしくっす!

筆ペンカウンター
検索フォーム
カテゴリゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
ブログランキング①

FC2Blog Ranking

ブログランキング②
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ハイパーリンク
RSSリンクの表示
QRコードリゲス
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。